永久脱毛効果が高く低リスクのレーザー脱毛

永久脱毛効果が最も高いといわれている脱毛方法は電気脱毛で、その次がレーザー脱毛です。
レーザー脱毛は、皮膚からレーザーを照射し、毛穴を介して毛乳頭へダメージを与えます。

 

電気脱毛はむだ毛1本ずつ処理していかなければなりませんが、レーザー脱毛は複数のむだ毛を一度に処理する事が可能です。
大体1cmから3cm程の範囲を照射していきます。
脱毛で使用されているレーザーは、黒いものに反応するようになっており、肌へダメージを与えずにピンポイントでむだ毛だけを処理していく事が出来ます

 

ただ、デメリットとして、ほくろやシミ、そばかすの上に生えているむだ毛は処理ができません
メラニン色素にも反応する為、肌へダメージが及ぶからです。
レーザー脱毛も電気脱毛同様に毛乳頭へダメージを与える行為となり、医療機関でのみ施術が可能ですが、医療機関と提携を結んでいるエステサロンでは、威力が弱いレーザーで施術を行っているケースも多いです。

 

レーザー脱毛は、痛みを伴いますが、電気脱毛に比べると、かなり痛みは少ないです。しかも、施術回数をこなしていくうちに、むだ毛の量が薄くなりますし、毛質も薄くなる為、痛みが軽くなっていきます。終盤にはほとんど痛みを感じることなく施術が終わります。

 

最近では、ホームエステ機器の中にレーザー脱毛が出来る機器も登場していますが、全くの素人が使用するという前提で作られていますので、リスクを生じない事を優先している為、永久脱毛効果は低いです。それでも継続して処理を行っていくうちに徐々にむだ毛が目立たなくなるようです。


永久脱毛効果が最も高い電気脱毛

永久脱毛効果が最も高い電気脱毛は、ニードルと呼ばれる1mmにも満たない細い針状の器具を毛穴の奥まで挿入して、直接毛根へ触れた状態で電流を流す事で、毛乳頭の組織を破壊して、むだ毛が生えてこないようにする方法です。
現在、様々な脱毛方法がありますが、その中で最も永久脱毛効果が高いといわれています。

 

ただ、即効性が高い反面、激しい痛みを伴う事や、肌に炎症をきたす事が多いです。
かなり細いとはいえ、針状の物を身体の組織内へ入れる訳ですから、痛みは避けられないといえます。
また、この電気脱毛はかなり高度な技術を必要とする為、施術を行うスタッフの腕がものをいいます。
毛穴は表皮に対して必ずしも垂直に伸びているわけではありません。
若干斜めにむかって伸びています。
しかも、身体全ての毛穴が同じ角度で伸びているわけではない為、挿入する時、いかに毛穴の向きに逆らう事無く出来るかどうかで、肌へのダメージや痛み加減が大きく異なります。

 

更に、電流を流しますので、火傷したような痛みを感じます。
この方法はエステサロンでも行っていますが、常に医師が常駐しているクリニック等の医療機関で行う方が無難です。

 

施術時に麻酔を利用できますし、肌トラブルが生じた時は、炎症を抑える薬を処方してくれます。
電気脱毛自体、医療機関等でないと、出来ないようになっていますが、医療機関と提携しているエステサロンで行っている場合もあります。

 

ただし、施術時に医師がいる訳ではありませんので、痛くても麻酔をする事ができません。
肌を冷却しながら行っていきますが、冷却する事で毛穴が収縮してニードルが挿入しづらくなり、スムーズに施術が出来ない事が多いようです。


永久脱毛の今と昔

永久脱毛をしようと現在、脱毛をサロンやクリニックで行っている人が増えている傾向にあります。
そして年々、脱毛の低年齢化も著しく、その反面、高齢者の脱毛希望者も増えています。
体への負担もかなり軽減でき、デリケートな肌質である、未成年者や高齢者でも肌へのダメージを最小限にとどめて脱毛処理が出来るようになっています。

 

脱毛施術の費用もかなり安価になり、永久脱毛を目指す人も年々増加傾向にあります。
ひと昔前の脱毛方法といえば、電気脱毛やレーザー脱毛の2通りしかありませんでした。

 

最も古くからある脱毛方法は電気脱毛で、一度の処理で永久脱毛が出来るというメリットがある反面、ニードルを毛穴に挿入する為、かなりの激痛を感じます。
医療機関でのみ実施が可能である為、麻酔を行う事が出来ます。それでも、肌に炎症が残る事が多く、永久脱毛が出来ても、肌に痕が残ってしまうケースもあるようです。

 

また広範囲の処理はかなり時間がかかりますし、産毛の毛穴への挿入はかなり困難であり、脇やビキニライン、男性のひげ等、毛質が濃く、毛穴が大きい部位でないと処理が難しいようです。
その後レーザー脱毛が登場し、電気脱毛では困難であった、広範囲の処理が可能になりましたが、やはり多少の痛みは感じるようです。
ただ、レーザー脱毛は回数を重ねていくうちに、痛みが軽減されることがほとんどです。

 

そして、現在に至っては、光脱毛が主流となり、痛みや肌へのダメージがかなり軽減され、利用しやすくなりました。その代わり、永久脱毛の効果は最も弱いですが、根気よく施術を受ける事でむだ毛が目立たなくなります。


永久脱毛に要する期間と体のサイクルについて

永久脱毛は、むだ毛を2度と生えてこなくなるようにする脱毛方法です。
永久脱毛に限らず、脱毛施術を検討している人は、体のサイクルについてしっかりと理解しておく必要があります。
まず体といえば、最も関係するのが毛周期のサイクルです。毛周期とは、むだ毛や毛髪が生えてから、自然に抜け落ちるサイクルをいいます。
毛周期は大きく3つに区分されます。

 

それぞれ成長期、休止期、退行期となります。
成長期は毛が生えている最中で、毛に栄養分がいきわたっている状態であり、毛乳頭と繋がっている状態です。
次の段階が休止期ですが、休止期は、成長が止まった状態で人間でいえば成人の状態です。

 

毛の成長は止まり、しばらく同じ長さでとどまる事となります。毛乳頭については毛に栄養分を送り込む必要がありませんので、徐々に毛根から離れていきます。
そして、休止期を経たら退行期を迎え、自然に毛が抜け落ちる状態となります。
毛乳頭はすでに毛根から離れている状態となっています。

 

また、毛穴については成長期が最も深く、休止期、退行期になるにつれ、毛穴は浅くなります
ちなみにレーザや光脱毛でむだ毛の生成を抑える事が出来るのは成長期の毛に対してのみです。
電気脱毛は、直接毛根へニードルを差し込む為、毛周期はあまり関係ないといえます。

 

毛周期は個人差がありますが、大体1〜2ヶ月ほどですが、施術の間隔は3カ月以上空ける事で、脱毛効果が出やすいようです。
最初のうちは、毛周期を把握するという事もあり、割と間隔が短い場合もあります。レーザーは大よそ3週間ほどで、光脱毛は2ヶ月ほどの間隔で施術を行っていきます。

 

 

永久脱毛と聞いて大半の女性はしたいと思っているのではないでしょうか。しかし、値段が高いので出来ないというのが大半の女性の現状といえます。永久脱毛はその名前の通り、永遠にむだ毛が生えてこなくなる為、自分でむだ毛の処理をする必要が無くなります。これから先ずっと、むだ毛を気にせずにおしゃれやレジャー、そしてデートを楽しむ事ができますので、できる事ならばしたいものです。しかし、脱毛の施術を受ける際の費用が比較的高額であり、また施術の際に多少痛みを感じる事も少なくありません。永久脱毛は、皮膚の奥底に潜んでいるむだ毛の元となる毛乳頭を破壊する事によって、二度とむだ毛が生えてこなくなるようにします。自己処理をした事がある人はご存知だと思いますが、むだ毛を抜いた時に周りの皮膚や神経を刺激する為、痛みを伴います。脱毛を行っているサロンやクリニックでは、レーザーやフラッシュ、電流を使用してむだ毛を処理していきますので、人によっては火傷のような症状を引き起こす事もあります。施術の費用も高額で、1つの部位につき、数万円程要します。脱毛の種類にもよりますが、1フラッシュ単位であったり、作業時間、作業箇所で費用が設定されますが、やはり単価でも数千円程は要します。したがって、永久脱毛というのは100%ノーリスクではない訳です。それでもおしゃれを楽しみたい、必要以上に人目を気にしたくないという人達が永久脱毛を受けるという事となります。女性にとってむだ毛処理は最低限の身だしなみの1つであり、女性に生まれてむだ毛処理をした事が無いという人は皆無に等しいです。あらゆる方法でむだ毛処理を行っている訳ですが、そのあらゆる方法の中で最も理想的なのが永久脱毛であります。永久脱毛は年々、費用も低額になり、痛みや肌への負担も軽減されている傾向にある為、今後においては、施術を受ける人達は増えていくのではないかと思われます。更に男性においても脱毛施術を受ける人が増えてきており、もはや脱毛施術を受けるのは当たり前といわれるのはそんなに先の話では無いようです。